読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

大切なことは小学校の頃に習っていた!?

どうもおはこんばんにちは!

みやびです。

 

f:id:masaharu-nagan:20160910153904j:image

この前BARでヴー白を入れて頂き

お祝いに写メを撮ろうとしたら

まさかの手が被り全く見えない一枚です。笑

 

このBARでは皆が皆を思いやり

立派に普段お仕事をされている方々など

若い僕の友達含め暖かい空間になりつつあります。

 

有難いことです。

 

他人のお店で吐いても後始末をしっかり

自分でできる大人になりたいものですね笑

 

 

【天国と地獄のレストラン】

 

話は変わりますが 
正式な名前は忘れて思い出せませんが

この様な絵本を読んだことはありませんか。

 

小学生の時に道徳の授業で習った

「天国と地獄のレストラン」

という話をご存知ですか??

 

たしか、5年生くらいの頃だったと思いますが

僕はその内容が衝撃的で、

今でも内容は鮮明に覚えています。

 

 

その話の内容はこういうものでした。

 

 

 

 

天国と地獄、実は食事が一緒なんです。

 

おっきくて豪奢な長テーブルにごちそうが

山盛りにおいてあります。

でも、

このレストランにはひとつのルールがあります。

 

それは「2mのお箸を使って食べる事」です。

 

同じ場所で、

同じ料理を

同じ条件で食べているのに

地獄の住民は餓え続け、

天国の住民は満腹になります。。。

 

 

さて、それはなぜでしょう?

 

 

正解は、

「天国は食べさせ合い、

地獄は自分で食べようとするので、

お箸が長過ぎて食べれないからでした。」

 

社会人になりまだ4年目程度ですが

沢山の経営者の方々、大人の群れと会ってきて

その度にこの話を思い出します。

 

見た目もほぼ変わらず、

話してる内容もあまり変わらないのに、

一方はみんなが不幸になって

一方はみんなが成長しあうんです。

 

 

今では感覚的に判断して

地獄の住民と感じると

交流会でもパーティーでも

すぐに帰る事にしています。

 

 

また、この話をすると、

天国のレストランに連れて行ってくださいと

言われることが多いですが、

その発想が地獄の住民の発想なんだと思います。

 

 

目の前に苦しんでる人がいる。

 

まずは、その人に与えること。

 

そうすることで気がついたら

天国のレストランに列席できるのだと思います。

 

 

 f:id:masaharu-nagan:20160910154936j:image


【道徳とかマナーとか】


小学生の時の好きな科目といえば

 

1位、体育(運動大好き)

2位、図工(ねんどとか、一生飽きない)

3位、家庭科(とにかくお腹すいてたから)

 

その次にくるのが「道徳」の授業でした。

 

 

イギリスでは道徳の授業がなく

海外にはそういった風習がないのかもしれません。

 

 

けれど、日本人ならではのこの授業こそ

今一番必要なんじゃないかと思っています。

 

 

4教科なんて正直

ネットがあれば全てクリアできますし

知識の量が多ければ頭がいいという

錯覚に捉われている人の多さに

びっくりしています。

 

 

そんな劣化版パソコンになるより

人間臭い人の方がどれだけ魅力的で

その魅力が武器になることか。

 

 

「弱い者いじめはダメ」

「人にはやさしくしよう」

 

 

などなど、今、これらが出来る人が

どれだけいるでしょうか。。。

 

f:id:masaharu-nagan:20160910155440j:image

 

世の中どこを見渡していても

心ない日本人が沢山いる様な気がします。

 

bye!!