Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

豊かな国の不幸な人

どうも、おはこんばんにちは。

みやびです。

 

長い間浸かり過ぎていても

身が滅びる事を改めて知りました。

 

正直な所自分でも怖いくらいです。

 

けれど

他人を当てにしていたら

いつまで経っても自分は成長しないんです。

 

それを分かっているからこそ

常に上を目指すのです。

 

常に前を向くのです。

 

【世界幸福度ランキング】

 
幸せとは一体なんだろう。

 

と1度は考えたことが

あるのではないでしょうか。

 

毎年年末に幸福度が調査され、

その幸福度を世界で比べて

みると、なんと、日本は58位でした。

 

 

思ったより低いことに

びっくりしたんじゃないでしょうか。

 

これだけ、経済力があり、人に親切で

ホームレスですら、生きていけそうな日本が

58位だなんて。。。

 

しかもトップ10にG7は

入っていませんでした。

 

お金と幸せは関係ない

 

とは言い切れませんが、

直接的に繋がってはいないようです。

 

ただ、これだけ経済大国でありながら

日本は自殺率では世界7位です。

 

 

なんじゃこりゃ・・・。

 

 

日本人の心の闇は思ったより深いようです。

 

これだけ幸せなのに、

これだけ幸せなのに?

幸せじゃないのか??

 

 f:id:masaharu-nagan:20160909161530j:image


【貢献すべき】


あるポーランドのチョコレートブランドと

カカオの生産会社を共同経営している経営者の

方がいらっしゃるのですが、

その下見のためにカカオのプランテーション

に訪れた時のお話を聞き衝撃的な体験を知りました。

 

 

なんと、現地で働いている

労働者たちは、自分達がなにを作って

いるのか知らなかったのです。

 

 

日が昇ってから沈むまで、

かなりハードな肉体労働をしているにも関わらず

彼らの日当は1日数百円でした。

 

 

労働者とメーカーの間には政府機関含め

得体の知れない組織が7次も噛んでいて

彼らは超低所所得な現状を抜け出すことが

不可能な状態でした。

 

 

共同経営が始り、最初のロペレーションは

直接生産者と仕事をすることでした。

 

 

そうすることで、彼らの所得は数百倍に

することができました。

 

 

この体験を通して

違和感を感じてしまったんだとか。

 

日本に帰国して地元のスーパーに行くと

駄々を捏ねている子供をあやすために、

チョコレートを買ってあげていた

母親に遭遇したそう。

 

彼女らには、何の罪もありませんが

その結果、海外では奴隷のような

生産者が生まれてしまうんです。

 

 

日本では

生まれただけで世界的な

支配者になってしまうんです。

 

 

その支配者が

幸せを感じることができず、

自殺をしてしまうって

どういうことなんでしょう。

 

何か大切なモノを

なくしてしまったのではないでしょうか。

 

 

だから僕はその話を聞いてこう思いました。

 

日本人としてこの狭い国の住民の一人として

「貢献」した方がいいという考えではなく、

「貢献」すべきという考えになりました。

 

f:id:masaharu-nagan:20160909161153j:image

 

bye!!