読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

勉強してなんになる

lifestyle 考え方 お金 勉強

どうも、おはこんばんにちは。

みやびです。

 

ここ最近の僕の体内は昼夜が逆転して

どこか海外にいる気分です笑

 

東京で海外気分も悪くありませんね笑

 

 

さて、今回はある芸能人のお話です。

 

世の中のお父さんやお母さんが

このブログを読んでくださっているとは

到底思えませんが、今後子供を持つ将来の

お父さんやお母さん方に向けて書いていこうと思う。

 

f:id:masaharu-nagan:20160716193508j:image 

物事の本質の話

 

とある芸能人の幼少の頃のお話です。

 

3人兄弟の真ん中の子がよく勉強する子で

本人(芸能人)は勉強しない幼少期を送っていたそう。

 

 

そんなもんだから、ある日オカンから

 

 

オカン勉強せえ!!」

 

 

と言われたそう。

それに対して、その方は

 

 

芸能人勉強してなんになるねん!」

 

 

と、猛反発したそう。

その数500回以上にも及ぶ。

それもそうです

小さい子を育てるに当たって

必ず直面する問題が ”宿題や課題” といった

勉強」に対する意義を求めてくる時期がありますね。

 

僕もそんな時期がずっと続きました

こんな勉強して将来なんの役に立つのだろう、と。

 

僕の考え方とは

この芸能人の方は違ったみたいですが、、、。

 

それはいいとして

 

話を戻し

その勉強ばかりする真ん中の子が

高校二年生の夏のお話です。

 

その芸能人の方はその子にこう言いました。

 

 

芸能人「お前勉強ばかりしてなんになんねん!」

 

 

と、子供の頃からの疑問を

その真ん中の子にぶつけました。

 

そうしたら、その子はこう返しました。

 

 

真ん中の子「何になるって?」

 

                  「えー、んー、なんやろ。」

 

                  「えーっと」

 

                  人生の選択肢が増えんねん」

 

こう仰ったそうです。

 

 

その時その芸能人の方は

マジで涙を流したのだとか。

 

 

芸能人「なんで気付かなかったんやろ」

 

 

そう後悔したそうです。

 

 

お話はここまでです。

 

 

中高生の皆さん

是非勉強でも何でもそうですが、物事の本質を

考える癖を付けてみてください。

 

 

選択肢が広がる為に彼は勉強をすると言いました。

 

 

つまり

物事目先のものを手に入れたところで

それをどう使うか何に役立てるのか

何の為にそのものを手に入れたのか

物事の本質をわからなければ

何の意味もないわけです。

 

 

もちろん人それぞれ考え方や意見が違って当然です。

 

 

むしろ今後様々な人間に対応し

理解していく為にはそれなりの

己のキャパを増やさなければなりません。

 

 

さらに、その芸能人友人の方で

京都大学の法学部を出て

マッサージを仕事としている女性の方がいます。

 

その方もそうです。

 

様々な選択肢を持てた上で、その女性は マッサージ師という選択肢を選んだ訳です。

 

 

 f:id:masaharu-nagan:20160716193704j:image

小遣いの話

 

後日、その芸能人はもう芸能界からは退きましたが、このように当時を振り返っております。

 

 

「小遣い1万円と千円の差」

 

 だと。

 

 

一万円やったら何でも買える。

でも

300円のモノを買ってもいい。

でも

千円しか持ってなかったら二千円の物は買えません。

 

 

「だから勉強せなあかん」

と。

 

 

 

何故お金を稼ぐのか

100円より1000円、1000円より1万円、1万より10万

 

お金も勉強も同じように

己の人生の選択肢を増やす為に

もっと言えば稼ぐ為に勉強するんです

お客様から正しい知識と教養を持って接し

お金を頂く、こういった行為には常に勉強をする必要があると思うんです。

 

 

己の人生の中で

見たもの聞いたもの話した人や接した人など

すべて己の人生には必要不可欠で意味のある事なんです。

 

 

人生に無駄なんてないんです。

 

 

だから、勉強して

本来そこに書いてある数字のや

歴史や化学式を覚える事より

 

 

その勉強した先にある価値をつかむ為に

己の選択肢を増やす為に勉強するんです。

 

 

僕はそう感じました。

 

 

bye!!