読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

日本人の分解析と課題

lifestyle 考え方 生き方

どうも。

おはこんばんにちは!

みやびです。

 

いつも閲覧いただきありがとうございます!

今回は日本人という生物を、五つの項目に分けて個人的価値観をぶっちゃけていきます。

 

1. 精神崩壊

とっかかりはこれです。

ストレス社会、人間関係、金銭問題、社会問題

あらゆる面で僕らは不安社会の中で生きているのが現状だ。

日本という国は満たされているのに不満が沢山ある国だ。

なぜうつ病があるんだろう。

海外での紛争地域や、途上国の人はうつ病になんてならないのに。

なんでだろう。

日本人にはあってないもの。

それは、安心の中にある悪魔だ。

本来、競争や自己成長をもっと促すべきで、僕なんかがミジンコになるくらいみんな輝くべきなんだ。

心から豊かな人間なんてこの世に何人いるんだろう。

正直、お金があっても、物があふれていても、食べ物に困らなくても、日本人の心にはいつも不満不安不信感が沢山ある。

今の現状を幸せに思わないともそうだが、なぜ何もしない、動かない、やらない、考えないようになってしまったんだろう。

僕らの精神はボロボロ状態だ。

ムカムカモヤモヤ、誰でもいつでも一瞬で繋がれる時代だからなのか。

思った事を感じた事を間違っているものを正しい事をはっきり口に出して、溜め込まないようになればもっといいのにね。

非常に今の日本はストレスで爆発しそうだ。

それを通り越すと無気力という状態に陥ってしまうと思うんだ。

さとり世代と呼ばれる子供達はまさにそうだ。

歴代の○○世代と呼ばれている所以はまさに時代背景にこの国の現状を象徴しているかのようだ。

僕らはそんな国で生きていく事を覚悟しなければならない。

 

2. 人間関係

 上記でも多少触れたが、対人関係や交際や異性の問題で悩んでいる人はどれだけの数がいるんだろう。

この世の中に出会い系サイトやアプリがなくならないのはなぜだろう。

性に関する深い話をする気はない。

だが、何もする前から諦めたり、さとったり、無理だと思い込んでしまってはいないだろうか。

自信がないとか、こんな顔でとか、昔こうだったからとか、正直関係のない事だ。

営業で先方のお偉いさんに昔なんて今までの仕事の姿勢とか普段の生活なんて知らないんだから、その場でどう振る舞いどう在るかというところしか見られない。

正直学校も会社も共通点ばかりだ。

学生時代対人関係で悩んでいる人は大概大人になっても同じ悩みで苦しむだろう。

そこから脱するには、自分を意識を少しずつ、毎日1センチでも一ミリでも変えていかない事には何も始まらない。

自分を知り相手を知る。

「敵を欺くには味方から」

という言葉があるように、見方を知らないで立ち向かうのも困難な時もある。

だが、失敗を恐れ何にも挑戦をしないで、はなっから憂いているのは少し違うんじゃないのかなって思うんだ。

 

3. 日常に新しい風を

毎日10分でも15分でもいつもと違う事をしてみる事から始める。

そうする事によって習慣化され、無意識というゾーンまで落とし込めれば自分のものだ。

そのたまには、中期目標や長期目標などを設定するのもいいだろう。

自分に縛りをつけたり期限をつけて、己を燃えさせるための努力はしなければ、人間ダレる生き物なんだから、そう長続きなんてしません。

生活習慣の改善をしようと試みて、挫折する人なんて僕はいくらでも見てきた。

だからこそ、言う。

無理はしなくてもいいが、負荷はかけないと変化なんて生まれない。

ましてや、何かと両立してあれやこれやとやっていてはうまくいくものも行かなくなってしまう。

だから、やるんだったら、その一つの事に集中し、とことん貫き通せばいいんです。

 

4. 遊び心

真人間、面白くない、つまらない

いろんな言葉がある。

真面目な人間は評価される場合もあるが、実はTPOなのである。

正直に生きていても、うまくいかない事だらけ、だから少しあそびごころをもつんだ。

相手を楽しませるために、自分が何より楽しむためにも、最高のコミュニケーションツールは誰もが持っている僕らの口そのものなんだから。

はったりもつらぬけばじじつにもなるし、バカを見る世の中になってはいけないと思いますが、事実なかなか評価されないものです。

会社や学校によって評価基準も違ってきますが、人間の面白味にかけて、人は寄ってはこないでしょう。

むしろ離れていく恐れがあるので要注意!

仕事とのメリハリをつける事が大切です。

 

5. 測れないもの

ビジネスに必要な要素として

よく「ヒト、モノ、カネ」が取り上げられます。

 

確かに重要なファクターだと思う。

 

では、もしあなたが起業するとして、、、

あなたより能力があり

あなたよりコネクションがあり

あなたよりいい商品があり

あなたよりお金のある人がいたら?

 

あなたは夢を諦めますか?

 

僕も同じ状態でした。

 

 能力もお金もコネもモノもなかった。

 

鼻の利かない犬と

落ち着きがない猿と

使い道のわからないキジ

そして、鈍刀をまった僕の、決して鬼を倒せそうにない桃太郎伝説です。

 

四人の力を合わせるはずが

傷の舐め合い、Disりあい、、、

 

このままじゃ無理そうだと思う事があった。

 

でも何とかなるんです。

 

なぜだろうか。

 

それは「想い」があったからだと思う。

想いがあったから一生懸命にやった。

 

頭を下げまくって怒られまくって、迷惑をかけまくった。

 

恥をかいたとかそんな感情が入る隙がないほどにただがむしゃらだった。

 

師匠が言う事は言われた通りやった。

 

自分の能力すら疑っていたから。

 

でも、自分には想いがあったから、誰にも負けないっていう根拠のない自信があった。

 

一所懸命 にやる。

 

全ては想いを形にする為に。

 

もし、人生が数字のように方程式で証明出来るようなものだったら、僕はとっくに死んでいる。

 

だから、従業員や後輩達には根拠のない自身と想い、そして、自分には成長するんだっていう事を信じて欲しいです。

 

そして、僕ら日本人は強く逞しく大和魂を忘れずに生きていって欲しい。

 f:id:masaharu-nagan:20160620012908j:image

 

 

bye!.