読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

18歳選挙権がなぜこのタイミングなのか

政治 経済 考え方 情報

おはこんばんにちは

どうも、みやびです。

 

今回は僕ら若者が真剣に考えるべき社会問題の一つとして

「政治に関心がない」や「自分には関係のないことだ」

など、とにかく当時の僕もそうでしたが非常に視野が狭い状態です。

少子高齢化現代社会で10代20代が高齢者を支えていくような形に担っていく自覚とともに僕らが直面している問題にしっかりと向き合っていく必要がある、むしろ、向き合わざる得ないんです。

 

f:id:masaharu-nagan:20160612152152p:plain

現実問題

今の若者は学校以外でいろいろなことを学んでいくことが重要になってきている。

なぜなら学校や親から学べることは非常に偏り物事を判断するのに、必要な情報があまりにも足りなさすぎるからである。

 

それに、大学に進学し、専門学科や政治に触れる機会のある学生以外になかなか教わってこなかった方々が社会に出て急に考えろと言われても無理があります。

 

なので、10代だからまだ若いとか言うのではなく、必ず生きていく上で関わっていく問題の一つとして関心を持っていく必要があるんです。

 

また、今後の日本の主権を握っていき、僕らの住むこの国に多大なる影響を与える方々を投票し決めるんだと考えると他人事ではありませんよね。

今回なんとか来年度の増税など免れましたが、いつこの国が自分たち国民にとってさらに悪い方向にいつひっくり返るかもわかりません。

 

今後の自分たちが家庭を持ち、税金や家庭での生活費や(家賃光熱費雑費など)子育てをしていく上で、生きずらい国であってはいけません。

日本で僕ら若者の個人個人の意識改革は、今後10年20年と大きな変化のきっかけになることは間違いないです。

 

特に当時の僕とかは「政治に関心を持つ」

こう聞くとかなり抵抗感があるものです。

 

「いやいやww 興味ないしーww」

みたいなことになるのが目に見えています。

 

f:id:masaharu-nagan:20160612153354p:plain

塵も積もれば山となる

「猫が集まると無駄にかわいい」

 

冗談はさておき

 

一票の大切さ!!などと、僕は投票に関してうだうだ言うつもりはありません。

 

政治という固い概念より、いま現代社会や世界も含め、「世の中」では何が起きているのか、それが自分たちの「将来にどう影響を受けるのか」ぐらい知っていて得しかありませんよね。

 

むしろ、世の中知らないことで損することしかないです(笑)

 

今の若者(僕含め)将来のことを、自分の何年後かのことに興味はない前提で話してはいますが(笑)無知で後悔することしか僕はなかったので、高卒で仕事をしながら様々なことに興味や関心を向けると見えてくることや、「このままではアカン!!」ということがなんとなく馬鹿でもわかりました。

 

そこでこう思いました。

将来子供になにをどう教育するんだろう?

これから生まれてくる子供たちの為に自分が出来ることって何だろう?

学校では教えてはくれないことや、10代で知っておくべきことなどなど。。。

 

若者向けに基本このブログを書いてはいますが、皆さんが例えば将来子供に何を教えるんでしょうか、怠けることでしょうか、ただ言われたことだけやっていれば報われるとかでしょうか、卓上の学校での勉強だけやっていればいいとかでしょうか?

 

違いますよね。

 

きっと政治、経済、社会、保険、年金、税金、、、、

自分が壁にぶつかる、ぶつかっていることをもっと早く対策しておけば、などを繰り返さないように、そっちの方に行ってはダメとか、こういうことをしてはいけないとか、怪しい男の人にはついて行ってはだめよ、とか。

 

なんやかんやで、無意識のうちに大人は当時の経験で失敗したことや、後悔していることを子供にはしないように促しているんです。

 

こう考えてみてはいかがでしょうか。

今の自分は未来の自分の「過去は変えられない」と嘆いている自分の変えるチャンスなんだと。

 

 

総務省で、10代代表としてイメージ女優として広瀬すずさんが起用されています。

模擬投票や、どういった政策なのか興味がありましたら参考程度にどうぞ。。。↓↓↓↓

www.soumu.go.jp

 

 

メリットやデメリットについて考えてみる

 衆議院の特別委員会の選挙権は18歳からでも可能となり、いくいかない、投票するしないに関わらず政治に学生含め若者が考える一つの良いきっかけになることを願い、簡単にこの選挙権でのメリットやデメリットを考察していきます。

 

先ずはメリットについて考えていきます。

 

若者の意見の投票数増加による若者向けの制度向上

・単純に全体で投票数が増える。

 

・老人向けから若者向けの制度にも注目せざる得なくなった。

→つまり日本が他国に比べて介護やサービスが手厚いのも高齢者の投票率が高くそれによってそういう方々向けに行われてきましたが、若者の投票率が上がればその分若者向けのサービスや制度が導入されやすくなるという所。

 

・政治家にとって投票率が低い方が楽な状況を作りやすい。

→浮動票がすくないからなんです。政治家は票が欲しい為に確実に投票してくれる人向けの公約をした方が効率がいいですよね。

 

・増加によって変動してくるという意味でメリット

 

 

続いてデメリットについて考えていきます。

 

政治的判断に乏しく、投票しない可能性

・政治的関心が薄いので投票数が変わらなく結果が変わらない可能性がある。

 

・18,19歳が現在全国で240万人いるとされています。投票用紙のコストが1枚5円だとして1000万円ほどかかります。

 

・選挙の費用が税金で賄われている為に、投票率が低いと結果に大した影響がなければそれだけの金額の税金を無駄にしてしまう。

 

・高齢者ばかりにサービスがあてられ若者に後々しわ寄せが来ることは間違いない。

 

などなど・・・

 

 

こういった動きにより今後政治的にも国での目線が10代や20代に向けられてきている証拠です。一度視野も広がり自分の可能性を見つけられるきっかけにもなるかもしれません。

 

bye!!