読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

ゆとり世代の逆襲 Part2

どうも、おはこんばんにちは!

みやびです。

最近お腹が夜に鳴り響くので、夜食が激しくなってきました笑

ダイエットはしませんが、生活習慣かはしっかりみなさんはしましょうね!!笑笑 

では。

早速話に移りましょう!


f:id:masaharu-nagan:20160526002655j:image


だからブヨブヨなんだ 、あの人は 

現代というのは 、油断病のはびこりが歴史上最も著しい時代です 。
昨今騒がれているメタボリック症候群なんかもそうでしょう 。
昔 、農業を生業としていた時代では 、普通に農作して生活しているだけで良い運動になっていました 。
なので 、バキバキで体つきの良い人が多かったんですね 。
しかし 、今はお金を払ってジムに行き 、運動をする時代 。

運動が非日常なのです 。

毎日 、家から駅と駅から会社 。

その往復の歩行分の運動量しかないという人も多いほど 、運動からはかけ離れた生活なのです 。
電車やバスなどの公共の交通機関を使うのもそう 。
時間短縮にはなりますが 、移動時にあまり筋肉を使わないので 、運動不足を促進す一つの原因となっています 。

僕自身、学生時代には毎朝のラッシュで駅員さんに電車へ詰め込まれていました 。
俯瞰して見ると 、その様はまるで係員によって檻に押し込まれる養豚場の豚のようだったでしょう 。

僕自身はもともと健康には小学校の頃から興味があったため 、その頃から今までずっと風邪を引くのは年に一度あるかないかの超健康体です 。

逆に風邪を引くのは 、決まっていつも気が乗らない社会科見学や興味の持てない合唱コンの日でした 。体型維持の面ではジムにも一度も通わず 、 18歳の頃からずっと体重を変わらずキ ープしています 。

なので 、一応自分の体のことはかなりコントロ ールしていると自負しています 。

さらに自分のことだけでなく 、昨年辺りから千人位とお茶をしていたこともあって 、たとえ初対面であってもパッと見でその人がどんなライフスタイルを送っているのか 。
そんなことがいつの間にか手に取るようにわかるようになったんですね 。

たとえば 、一目見ただけで 「え 、ラ ーメン好きでしょ 。 」と言い当てることもザラでした 。

栄養管理で心身状態がどんなに変わるのか 。

そんなことにも人より詳しかったので 、体調管理やダイエットを個別で教える機会も増えていきました 。
実はそういったこともあり 、小規模のダイエットセミナ ーをやっていたことがあるんです 。

その際 、多くの人にダイエットを教える中でわかったことがありました 。

それは 、痩せたいと本気で思っていない人にこんこんとダイエットの話をしたところで無駄だということ 。

いつも決まってこんなセリフを聞くハメになります 。

 「でも 、夜中のポテチがやめられなくて 、 、 」 「でも 、運動するやる気が出ないんです 、 、 」 

「あ 、だからこの人は太ってるんだ 」
口には出しませんでしたが 、何度そう思ったことか 。
自分にとっての当たり前をどこに設定しているかによって体のデザインも変わるし 、人生も変わってしまうのです 。

それを忘れないでください 。

あなたはどんなデザインで生きたいですか ? 


f:id:masaharu-nagan:20160526003119j:image

そうだ 、天竺へ行こう !

あなたがあなたとして生きている間は 、その物語の主人公はあなた自身です 。

それは疑いようのない事実でしょう 。

しかし 、無意識のうちに 
「自分なんか脇役だ 」 
「自分なんて無能だし真ん中にいるべき人間じゃない 」
などと思い込んでいる人がほとんどなのです 。

この思考でいる限り 、あなたが自分の思い通りの人生を歩むことは難しいでしょう。

日本人は特に受身体質になってしまう人が多いのですが 、自分の頭で考えて 、向かいたい方向性は自分で決めるべきです 。

あなたが主人公の物語を創りたければ 、あなた自身がリ ーダ ーになって進めていかなければいけません 。
では 、リ ーダ ーにとって最も重要な要素とは何なのか ?

リ ーダ ーには即決する力 、即断する力 、即行動する力など様々な力が必要です 。

これらはもちろんあって然るべき力ですが 、それ以上に大切なものがあります 。

それは 、ブレない軸です 。

西遊記三蔵法師は 、最も優秀な部下である孫悟空を何度もクビにしようとしました 。
しかし 、目的は優秀な部下を囲い込むことではなく 、 ”天竺へ行く ”ということ 。

明確にビジョンを描き 、確固たる意志で進めば共感してくれる人が現れてくるものです 。

まずは物語の主人公であるあなた自身が 、ブレない軸を持ちましょう 。

この人生をどんな職業に就いて進めようかという基準で軸を決めてしまう人が多くいますが 、職業で決めてはブレてしまいます 。
なので 、ブレない軸を持ちたければ 、職業ではなくライフスタイルで理想を思い描くのが秘訣です 。

夢を職業で語る必要はないのです 。

職業はあなたの理想のライフスタイルを実現するための手段でしかないのですから 。

僕の場合は自由に楽しく生きることを大切にしているので 、お金は稼いでもマネ ーゲ ームに縛られるような仕事はしません 。

そうやってライフスタイルで理想を決めておけば 、あなたの軸は簡単にブレるものではなくなるのです 。

あなたはどんなライフスタイルを描きたいですか ? 

f:id:masaharu-nagan:20160526010323j:image

この星の人間は 線を引きたがる

人生全体のデザインをどうしようかと考えるとき 、できるだけ大きな視野で物事を見つめてから視野を絞っていく作業をおすすめします 。

私がよくやるのは 、コ ーヒ ーの C Mの宇宙人のような視点 。 

「この星の人間は 〜 」というような 、全体を俯瞰した視点から分析を加えるやり方です 。

自分がどんな世界に生きているのか 。

周りにはどんな属性の人間が多いのか 。

全体図を見渡し 、現在地を把握する作業をしていなければ 、人生という荒波に漂流しているようなものです 。

一度しっかり世界を全体的に見渡してみれば 、色々な疑問が湧いてくるはずです 。

 「なぜ 、毎日決まった時間の電車に乗るのだろう 」 「なぜ 、当然のように大学に進学し 、就職するんだろう 」 
「なぜ 、実際には存在しない線を引いて国を分けるのだろう 」
世の中を見渡してみると 、実に不思議です 。

人生が全自動で動かされているかのように 、みんな同じように勉強して大学へ行き 、就活で受かったところに就職する 。

そして 、毎日同じ電車の同じ車両に乗り込み 、同じル ートで会社に行く 。

まるで 、見えない何者かに突き動かされているかのよう 。

自分の人生であるにも関わらず 、時間もお金も上限を自分で決められていないのです 。

流されるままに生きてしまえばしまうほど 、何者かによって決められた設定の中で生きることになるのです 。

例えば 、あなたは生まれてからずっと ”日本国民 ”として生きていると思います 。ですが 、それもあなたの意志で決めたことではないですね 。もちろん 、日本は治安もとても良いですし 、バスも電車も正確な時刻に来ます 。技術も発達していて便利だし 、ものすごく住みやすい国です 。しかし 、日本に生まれたからと言って 、ずっと日本に居なければならないというルールはありません 。国境を越えて地球人として生きてもいいはず 。

一方 、生まれた時からずっとその国を出ない人も居ます 。
ですが 、それでは他の国や地域は存在しないのと同じなのです 。

せっかく地球に生まれたのなら 、地球をもっと楽しみませんか ?



続いてPart3に続きます。


bye...!!