読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

ゆとり世代の逆襲Part1

lifestyle 考え方 プロフィール 生き方 教育 ゆとり世代
おはこんばんにちは。

どうもみやびです!

僕が最近ゆとり世代をかなり押していまして、それにはいろいろあり笑笑

思ったきっかけは 、ほんの些細なこと 。
今や 、かなり多くの ”成功本 ”と言われる本が出版されています。

しかし 、 2 0代向けのものはあっても 、平成児向けのものが見当たらないんですね 。

そう気づいたのがきっかけでした 。

平成児 、いわゆる 「ゆとり世代 」と言われている世代ですね 。

ゆとり世代というと 、世間ではマイナスイメ ージが強い言葉です 。
最近では差別用語として扱われているので 、この世代を誇りに思える人は正直少ないと思います 。

しかし 、少子高齢化で経済不況も進んで行く中 、これから若者が社会を盛り上げていかなければ 、おそらく立ち行かなくなるでしょう 。

なので 、私はこの世代で豊かな生活を手にいれる実力者を増やしていくことを自分自身にミッションとして課しています 。

そして 、同世代の人間がめきめき実力を上げ 、活躍の場を広げていくのを見届けるのが僕の生きがいでもあります 。

 その為にも 、この世代の成功者を増やし 、ゆくゆくはこの世代を ”ゴ ールデンエイジ ”と 、誰もが誇れるような時代旋風を巻き起こそうと本気で目論んでいます 。
f:id:masaharu-nagan:20160526001454j:image

現代の成功法則とは

僕自身もゆとり世代として生きている中で強く感じるのは 、Twitterでも少しつぶやきましたが、やはり前の世代とは明らかに異なる性質を持ち 、価値観や生き方そのものが全く違うということ 。

段階の世代 、バブル世代 、ゆとり世代など 、世代によって経済的背景も違えば特徴も異なります 。

一口に ”成功本 ”と言っても 、どの世代に向けてのものかによって伝えるべきことは変わるはず 。

つまり 、新しい時代の申し子である ”ゆとりならではの成功法則 ”が存在するのです 。

実際 、私自身様々な ”成功法則 ”と呼ばれる本を読みましたが 、やっぱりどれも今の時代に合っていないんですね 。
そりゃあ成功できないよなと 。
礼儀を知らず 、我慢弱くて 、嫌なものは嫌だとはっきり言う 。
そんなゆとり世代だからこそ成功できる法則があるのです 。

そして 、この成功法則を広めることで 、ゆとりの黄金時代を一緒に築いてくれる仲間を増やしていくのが僕の使命だとおもいます。

f:id:masaharu-nagan:20160526001634j:image

 ゆとり世代には出会いを

出会いが僕の人生を変えました。

小説の主人公に僕がビジネスを始めたのは社会人2年目の秋の頃 。

当初は高卒で就職するか進学かとかまだまだ何も考えていない様な若造ばかりで、周りにビジネスをしている人はいませんでした 。

しかし 、そこから当時流行っていた m i x iなどの S N Sでビジネス関連の知り合いを増やしたり 、紹介の紹介を辿ったり … 。

そうやって地道に人脈を増やしてきました 。

そうしていく中で出会った 、ビジネスで結果を出している先輩達の考え方や視点には今でも多くの影響を受けています 。

出会いによって思慮を深め 、視野を広げたことで考え方や行動が変わり 、選択する道も変わっていきました 。まるで 、小説や映画の世界の話のように劇的に人生が変わっていったのです 。 


f:id:masaharu-nagan:20160526001929j:image

生い立ち

僕は東京の練馬区の若干田舎風な街で育ち、何不自由なくある程度の満足感と共に、何の変哲もない人間として生きてきましたがしかし 、今ではその頃には全く想像もできなかったほどの、当時の夢だった楽しい人生を歩むことができています 。

小学校の時に冗談半分で書いたとんでもない夢も次々に叶いました 。

それほどまでに具現力が増し 、むしろそれを超えたライフスタイルの確立を果たしたんです 。

例えば 
予定は遅めの時間帯で 、毎日午前中は陽の当たる寝室で二度寝
それからは陽当たりのいいリビングでコーヒーを飲んでゆっくり過ごし 、混まない平日の昼間にカフェラウンジで友達とお茶をする 。

そんなライフスタイルが可能になるなんて 、あの街に居た頃は本当に夢にも思いませんでした 。
周りの人間だって 、ほんの少しも想像することはなかったでしょう 。その町では自分は何をやってもまるでうまくいかず 、集団生活にもなじめずないそんな 、どこへ行っても認められることのない問題児だったのですから 。 

f:id:masaharu-nagan:20160526002129j:image

言葉の魔法

どんな人のどんな言葉に出会うかどうかで 、どれほど人生が変わっていくかを自分自身が痛いほど感じています 。

言葉の影響とはそれほどまでに強力なものなのです 。

しかしながら 、言葉とは時代とともに変化していくものです 。

どこの文化でも 、何千年もそのままであり続ける言語はないのです 。

時が流れ 、文明が進化するごとに人々の生き方や世界のル ールが変わり 、伝えるべきことやその言語の形も変わっていきます 。

時は平成 。

平成に生まれ 、夢を果たした自分にしか伝えられないことがあると自負しています 。

そして 、次の世代に伝えるべきその言葉を紡いで時代を繋いでいくつもりです 。

もちろん 、何世紀経っても価値のあり続ける言葉も数多く存在しますし 、古い書物にはたくさんの素晴らしい言葉が残されています 。

しかしながら 、冒頭でもお話したように 、それぞれの時代に生きる人間の特徴はそれぞれ異なるのは事実 。

なので 、これまでとは違った今に生きる若者に合う 、新しい時代を生きる哲学の提示をこの本ではしていきます 。せっかく地球に数十年間の旅行に来たのですから 、ワクワクする人生を一緒に楽しみませんか ?


f:id:masaharu-nagan:20160526002211j:image


不満足な人生辞めたいですか?

あなたは今の人生に本当に満足できていますか ?
もし 、今の人生に満足できていないとしたら 、それはどうしてでしょうか ?
少し考えてみてください 。 
「なぜ 、多くの人は人生に不満を持ってしまうのか ? 」
 …それは自分で決定していないからです 。
自分の意志で決めていないから 、不満のある人生になってしまうんですね 。
あなたは確固たる意志を持って人生を選択しましたか ?なんとなく大学に進学し 、なんとなく就活で受かった会社に就職して 、なんとなく不満を持って 、なんとなく金曜日の飲み会で発散する … 。

これでは 、確固たる意志を持って決めているとは言えませんね 。
自分で決定せず 、受身で周りに流されているから意図してないところにいってしまっているのではないでしょうか ?
このままではどんどん理想とは離れていってしまいます 。

僕もかつてはそうでしたが 、自分自身としっかり向き合うことの出来ている人は少ないのです 。
それはすごくエネルギ ーの必要な作業だからでしょう 。
自分と向き合うとは 、自分のダメなところも認めなければならないからです 。
人によっては傷つく作業にもなりえます 。

しかし 、自分と向き合うことができなければ 、いつまでたっても満足のいく人生は始められません 。

そこで 、続編のPart2 では満足のいく人生を送る為に徹底的に自分と向き合い 、固定概念の除去ができるようなお話をしていきます 。

それでは 若者よ、そしてこのブログを読んでくださるそこのあなた!
まだ間に合ううちに今日からあなたの思い通りの人生を始めましょう。

f:id:masaharu-nagan:20160526001301j:image

bye!!