読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

成長し続ける人の共通点

おはこんばんにちは

 いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は少し生活習慣を見直してみることにしました。記事の内容的には将来キャリアアップしたり新しいことにチャレンジしたい人への自己啓発的な感じなので宜しくお願いしますわら

スタートダッシュが肝心である

イラつくような携帯のアラーム音で目が覚める。

昨日も遅くまで夜更かししたから、いつもよりカラダは重い。
時計を見ると、あと15分で会社に出る時間だ。

きっと無意識の内に3回ほどスヌーズ機能を使ったのだろう。
僕は朝食も取らず、ハンガーに掛かったシワの少ないシャツを選び準備した。

「あぁ、通勤が無かったら、もっと楽なのに」

電車の中で再び目を閉じた。
こんな感じて1日がスタートする人は多いはずだ。

僕も20の頃はこんな感じだったかも知れない。
キミたちの朝の風景はどんな感じだろうか?
先述したように目をこすりながら会社に行ったとき、彼のパワーはどの辺りだろうか?

きっと100%のパワーの内、50%も出ていないだろう。そう、多くの人は朝の段階でスロースタートを意識する。
会社に着いてからもコーヒーや朝食をしながら仕事をして、後半に調子を上げて追い込む。

しかし、これはとても効率が悪い。
なぜなら後半からやる気が出るパターンはエナジーを残したまま、自宅に帰ることになるからだ。


成長していく人の多くは朝一を一番調子の良い状態へ持って行く。

少し早く起きたり、読書をしたりして、自分の最高潮を朝一に合わせるのだ。
騙されたと思って1度挑戦して貰いたい。
勝負は朝一の調子にかかっている。
そこからやり上げれば、余程な事がない限り残業の必要はない。

足踏みしても靴底は減ると知っている

世の中成長する人もいれば、あまり努力をしたくない今のままが良い、など様々なことを言う人がいる。

変化=進歩
であって
何かに挑戦してまず失敗はありません。

必ずチャレンジしたことや失敗したことや上手く行ったことなど、何かしらの経験となってあなたの人生の糧になる事を知っているんです。

常に成長し続ける人はその場で足踏みなんてしませんよね、時間は有限なんです。

何もしない事なんて先ず停滞するかと思えば低下し、後退する一方なんです。

実は安心や安定を求めている人ほど周りから取り残されてしまうのです。

直ぐに価値観を変えている

僕らの人生は約80年ほどだと考えられていますよね。
一つの節目として20年ごとに何かしらありますが、僕らはその人生の中で必ず一回は考え方を変えなければいけない時がくるんです。

いいえ、正確には変化し対応せざる得ないタイミングがあるんです。

その時は瞬時に捨ててください。

悪い価値観や考え方を持ち続けていると本当に周りに世界に自分に殺されます。

今までと同じ事をやっていても何も変わりません。
少しでも違った未来を描きたいのであれば、昨日と同じ事をやっていては何も変わりませんよね?

古い価値観と固定概念を成長し続ける人は吸収し捨てて新しく生まれ変わる脱皮を繰り返しているのです。
過去の自分に負けていては成長何でできません。

そもそもスポーツで相手に勝つためには才能はいるけど、価値観を変えることに才能なんていりませんよね?

必要なのはあなたの中の
ほんの少しの勇気と度胸と覚悟だけ

人生を変えるタイミングっていうのは必ず自分のタイミングではやってはこないものなんです。
自分の絶対嫌なタイミングに来るもんでもあります。最高のタイミングかもしれません。

誰にもわからないんです。

けれどこれだけは一つ言えます。

その時に素直にその価値観をすぐに変えられる人間は間違いなく成功する確率が高いです。

もしかしたら、その場で決断できないような人はある意味失敗者なのかもしれませんね。


毎日昨日の自分に勝て!!


やり方とベクトルを間違えない

本質を見抜き環境を変えることだ。

身の回りの人ができたらできると思ってしまいますが、逆を言えば周りが成長していない環境にずっと居続けたらどう思うでしょうか?

「自分もどうせできないかもしれないな。」

と思ってしまったり、周りがまだまだ変わらないから僕も私もこのままでいいや!
となってしまうのです。

やれると思い込み、必ず目指している環境に飛び込んでみてください。

そしてその環境で誰と関わるかこれで人生は大きく変わるんです。

自分が本当になりたい人や達成したいものがあるなら成長し続ける人というのは、今ある環境の人たちとは関わろうとあまりしません。

そして自分の努力するベクトルをあくまでも目標達成のために向け、愚直に努力する事です。

様々なビジネスを経験してきましたか、どの職種の仕事でもそうですが、努力すれば成長するとは限りませんが成功している人や成長し続けている人は皆努力しているベクトルを間違っていない人達です。

結局のところ無駄な努力するなという事です。


まぁこんな感じに簡単にですが、まとめてみました。

参考程度に(^ ^)

bye!!

f:id:masaharu-nagan:20160525235810j:image