読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

ネットワーク産業論

僕は物凄い面白い人達と出会いたいと凄く思ってました。インターネットの企業の人と話してて感度が高く、一人一人が才能に溢れていている人が多い。

時代があって、周りの雰囲気にひかれたレールや常識に囚われないでいくこと。引かれてたレールを外れるのはいけないことなのかって思う人が多い世の中で、殻を破ることの大切さが際立ってきますね。

当時メモリーや拡張機能や色々や含め70.80万する時代だった。

モバイルやインターネットの時代が急成長しています。恵まれた環境を最高に役立て、世の中を面白く変えていくことが必要とされています。
面白い、もっとワクワクできる世の中にしていこうっていうことを軸に色々とチャレンジして欲しいです。

世界中で面白いことを立ち上げている人が増えている。ネットの電子書籍が500億円の市場規模が現在もいもなおありつづけています。
今まだない、今これにitいれたらこうなるんじゃないかなっていうのが必要。

インターネットが変えていく部分
実際に世の中で使われているものをインターネットとコラボレーションすることで生み出していく!
6秒で歯を磨く!?スペインの企業で歯を磨くものがある、3Dプリンターが始まったインクリボンのコピーが出回るようになって2次元の確信がなくなった。

技術の集約が起こった時に、集約が起こった産業はものすごく伸びる。集約が起こっていない産業は伸びない。
けれど、宇宙開発も技術の最先端を使っている。
技術の継承をして後世に残せるようになった。

新しくプロダクトを作るのが難しい。
ノウハウの塊だから、飛躍が出来ない。
インターネットの時代には技術継承が進む。

ソーシャルメディアが普及した事によって、イベント情報が公開になり、輪が広がっていく。

自動車産業にしか集約が起こらなかったのが、ロケット産業にニッチな分野、物を作って何かをして欲しい。ARの技術を使えば給電出来る。電気自動車のネックなところだったが、
摩擦の解明はMicrosoftの内規さんが車のブレーキなどを実験して
燃費もいいし、バッテリーが良くなる。
自動車が浮いて走るキックスターターや投資型のグラウディングファンディングなど、お金も集まるようになる。

SONYのインディーズゲームで400人くらいの全世界のゲーム作りをしている人が集まった。
オキュラフリストのアユニティでポリゴンで売っているものを使って、世界を作り、モーションキャプチャされているやつを買って入れるだけ。
アイディア次第で可能性は広がります。

世の中を面白く技術で変えて欲しい。

iPhoneとモバイルインターネットの革命を今後益々飛躍的に起こして行くべきだ。

メモ程度で失礼します。
たまにはブログもつかれるもんです。

bye!!