読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

専任媒介契約って知ってますか?

専任媒介契約とは、媒介契約の一種で、
依頼者(売主や貸主)が他の宅建業者に重複して依頼できない媒介契約をいいます。
 

不動産の豆知識

そもそも、媒介契約とは不動産などで使われる言葉です。
不動産会社に正式に売買の仲介を依頼するときには、「媒介契約」を締結します。
媒介契約は、自分が希望する仲介のサービス内容とその対価である手数料などを明確にするための大切な書類です。後悔することのないよう、自分の意思を不動産会社にしっかりと伝えた上で、媒介契約を締結することが必要です。

また、媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。

いずれも基本的な契約内容は同じですが、それぞれ特徴があります。
どの種類の媒介契約を選択するかは、どのように売却活動を進めていくかなど、考えている売却方針を踏まえて、自分の意思で選ぶようにしましょう。


専属専任媒介契約とは

仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。
また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。

専属専任媒介契約は、売却活動の全般を1社に任せる契約です。ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります。
題名にあります、専任媒介契約は専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動産会社を通すことなく契約することができます。


一般媒介契約とは

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく契約することができます。
ただし、最終的には、どの不動産会社を通して取引を進めるかを決めることとなります。
一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を進めることが多いようです。



まとめ

*専属専任媒介契約
・依頼した1つの不動産屋との契約で、他の会社には依頼できません。
・本人が自分で買い手を見つけたときでも、成約してはいけません。
・他社の媒介により成約したときや、自分で買い手を見つけて成約したときは違約金が発生します。
・依頼を受けた仲介業者は、売主への1週間に1回以上の状況報告が義務づけられています。


*一般媒介契約
複数の不動産屋と媒介契約を結べます。
・契約する社名は明らかにする必要があります。
・明示していない仲介会社の媒介により成約したときは、営業経費など費用を支払う必要があります。

※上記いずれの方法でも、契約期間は3カ月間となっています。こちらから申し出ることにより、延長することが出来ます。


最初、「売却も複数の会社にお願いした方が良いんじゃない?」って思っていました。
でも色々調べて行くとどうやら、そうでもなさそうです。

*専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)
・売却できれば100%自分たちの利益になる。=広告費が積極的に使える。

*一般媒介契約
・一生懸命販売活動をしても、他の業者に契約を持っていかれるリスクがある。=自社の専任媒介物件よりもやはり扱いは小さくなる。

・・というわけで、「一般媒介契約」というのは不動産屋にとってあまり歓迎しにくい契約の形態です。広告費をかけても他の会社に契約を取られれば赤字だからと聞けば納得ですね。

どこに取られるか分からない一般媒介より、専任媒介物件の売り出しに積極的になるのは当然のことです。

f:id:masaharu-nagan:20160213125931j:image
bye!!