Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

”見えない枠”を取り外そう

こんにちは、みやびです。

皆さんは成功を決意した時に、あなたにはどのような考えが必要でしょうか。

また、あなた自身がどのような変化を体験するのでしょうか。

 

成功しようと思った時に、あなたがまず見直さなければいけないのは、あなたの考えや習慣にある!?

あなたの取り巻く現在の環境は、あなたの性格の反映で作られています。

それに気づくことがとても大切なスタートになります。

 

なぜって、性格が変われば、あなたの人生そのものも変えていけることになるからです。

そのために、先ずは自分の性格を変えていくところから始めます。

そして、ほとんどの人の習慣は、子供の頃に育った環境によって大きく左右されていきます。

周囲の大人たちに強く影響されているのです。

 

 

ここで問題になるのが、今の世の中、積極的でプラスの情報よりもも、否定的でマイナスの情報のほうが圧倒的に多いという事です。

テレビや新聞のニュースで見聞きする内容をみればそれは一目瞭然ですが、子供の頃に素晴らしい環境を与えられて育つことがいかに難しいかよくわかりますね。

これが始末に終えないのが、それをそのまま「自分の限界」と感じてしまうからなのです。

つまり、人はだれでも、それぞれの枠の中で生きてしまっているという事。

 

 

ノミの話

一応僕らは話のノミがいます。

小さい体をしながら、3メートルも飛べることを知っていますか?

このノミを、透明のガラスの箱の中で育ちます。

このガラスの枠は60センチです。

ノミは思いっきりジャンプするのですが、理由はわからないけれども、ガーンと頭に衝撃をうけてしまう。

しばらくして、ノミを箱から出します。

すると、本来ならば3メートル飛べるにもかかわらず、60センチすれすれのところまでしか飛ばなくなるのです。


つまりこれは「自分の生活環境を、60センチという見えない枠の中に限定してしまう」

これが子供の環境です。

親の考え方や世間の考え方で、思考回路が凝り固まっています。

自分がどれほど素ふ晴らしい能力を持っているかに気づかずに、こうした、つくられた枠の中だけでしか生活をしないことを、習慣としてしまっているのです。

自分の能力を試すにはどうすれば良いでしょうか?

それには、与えられた考え方やものの見方、生き方といった枠をすべてのりはずしてみることです。

では、枠の外し方ですが、先程のノミで例えるなら、ワッと脅かしたり、周りをコント叩くだけでいいのです。

それだけで、ノミはびっくりして飛び上がります。

その時初めて、「枠がないこと」に気がつくのです。



これは、いろいろな場面でも取り上げられる

”条件付け”の事例です。


きっかけはちょっとしたショックです。

それを受けひょいと飛び出した時に、枠がないことを知った人が、その後の人生を充実したものにします。

ショックや刺激を受けるには、まず周りを眺めてみましょう。


あの人なやっているから私もやってみよう、もしかしたらそういう考え方もあるのかもしれない、ちょっとやってみようかなといった、簡単な決意で十分なのです。

まず、小さい環境から飛び出す

これが、真の意味での自立の始まりなんではないでしょうか。



人生を開く環境作りをしよう

あなたを取り巻く環境は、あなたがどういう人なの反映でできています。
つまり、自分の性格を端的に示しているのです。
結婚して家庭を持つとします。
この過程がどういう家になるかは、あなたが家庭に対してどのように何がているかが大きく影響してくるのです。
お父さんが家庭のことよりと仕事のことばかり考えていれば、口では家庭は大切と言いながらも、やはり仕事優先の家庭になってしまのです。
会社で例えていても、自分だけが儲かれば良いと社長さんが思っている会社は、次第に、自分の給料分しか働かないようになってしまうものです。
組織は人の感情を引き出すと成功しますが、「会社のため、社長のために何としてでもがんばろう」と、社員が考えてくれるようになるのです。


僕たちを取り巻く環境として、仕事以外では、”社会”があります。その人がどのような人間関係、友人関係のにで生きているかということは、やはりその人がどういう人かを如実に示しています。
類は友を呼ぶという言葉があるくらいです。
その人文つがどのような人かを知りたかったら、友達をよく見ればわかります。
周囲の人を大切にしている人は、5年も10年も一生続くような友人関係を築きます。
ところが、自分勝手で人を大切に扱わない人の周りには、やはりそういう人が集まります。
したがって、交友関係がどんどん変わっていくという事態にもなります。


今の家庭に不満を持っていえ、離婚したいと考えている場合、自分の考えて方や人間性を変えなければ、いぬら別の人と結婚しても、結局はまた同じような家庭を作ってしまうでしょう。
あるいは、現在の会社に不満があってやめるとします。
ところが、本人の性格が変わっていかなねれば、どこへ行ってもあなたの性格の反映でできています。

したがっえ、自分がどういう性格なのかを知ることなら、まずはしてみよう。

BYE!!