Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

これが口癖の人は一生駄目だ

f:id:masaharu-nagan:20160214112354j:image

本音が言えない人に向けて

こんにちは、みやびです。

 

 

あなたの周りにも子言う人はいるだろうか?

 

職場でも友達同士でも、なかなか「本音が言えない」という人がいますね。

 

一方、テレビでもどこでも「本音」で語るのが

先日{本音で生きる}を刊行した堀江貴文さんです。

 

 

いつも「本音」で語り、やりたいことを凄い勢いで成し遂げてきた

堀江さんにその生き方について聞きました。

 

 

 

 

本音で生きるために必要なことは3つあります。

 

1つ目は、「言い訳」をしないことです

 

2つ目は、「バランス」をとろうとしないこと

 

3つ目は、「自意識」と「プライド」を捨てること

 

 

このことについて少し概要をお話ししていこうと思います。

 

f:id:masaharu-nagan:20160214112504j:image 

 

・1「言い訳」をやめる

本音で生きるために、まずやるべきことは「言い訳をしない」ということである。

 

僕はメルマガを含め、人から相談を受けることが多いがせっかく答えても、

「でも〇〇だから、それはできないんです」

 

といわれることがかなりあるんです。

その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

 

例えば、「お金がないからできない」という言い訳。

 

いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集める事は不可能ではない。

クマムシ研究家の堀川大樹さんは、有料メルマガ、LINEのスタンプなど作って

自分自身で研究資金を作って、自分のやりたい研究を自由にできる環境を自らの手で作り上げているそうです。

 

そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は、

一体いくらのお金が有れば出来るのだろうか。

お金の問題じゃない人が多いように感じる。

 

「時間がないからできない」

 

という人も良くいるが、成功する人には時間があって、成功しない人には

時間がない、なんてことは当然ながらありえない。

 

「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならない」という事なのだろう。

 

しかし、世の中はトレードオフだ。

 

時間がないなら、どちらかに決めなければならない。

 

むしろ、「何かを始めるなら、何かを捨てなければならない」という事は、

当たり前のことだと知っておいてほしい。

 

また、「才能がないから」といって、行動しない人もいる。

 

しかし、どんな功績をあげた人でも、その人の努力によるところが、ないはずない。

 

僕だって、才能があるかどうかと言われたら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。

結局、「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、

「自分は今のままでいい」「努力しなくていい」といっているようなものなのだ。

 

そもそも。才能なんて、やってみないとわからないし、自分にあるかないかなんてわからないものではないだろうか。

それなのに、やってもないのに「才能がないから」というのは全くの勘違いだ。

 

 

「でも」「でも」

 

と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。

 

「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。

 

 

 f:id:masaharu-nagan:20160214112607j:image

 

・2バランスをとろうとしない

「やりがいのある仕事をバリバリやりたい」、「家族サービスの為のゆったりした時間も欲しい」、「趣味の時間は今よりも減らしたくない」が、「もっと収入は欲しい」。

 

多くの人は「バランス」をとろうとし過ぎる。

 

でも、それはちょっとずるいとおもうのだ。

 

仕事も家庭も趣味も、なんでもかんでもいいとこどりで、バランスのとれた生活をしたいといっておきながら、もっと時間を効率的に使っていたいとか、チャレンジの多い人生を送りたいとか、人間関係で悩みたくないとか、、、。

 

それははっきり言って無理な話だ。

 

本当にやりたいことがあるのなら、バランスなんてとらないことをお勧めする。

 

むしろ、極端でいいのだ。

 

やりたいことをする一方で、世間的にやるべきと思われている義務を果たさなければと考えてしまう人も多いだろう。

 

しかし、「こうでなければならない」という思い込みから抜けられなくなってしまうと、「バランス」をとることに必死になり、やりたいことをも中途半端になり、体も崩してしまったりする。

 

そんなことで中途半端な生き方をするのであれば、最初から「バランス」などとらない方がいい。

 

 

 

 f:id:masaharu-nagan:20160214112722j:image

 

・3「自意識」と「プライド」を捨てる

最後は、この二つについてです。

 

みんな自意識過剰なんだ。

 

でも、他人の事なんて、実は誰も気にしていない。

 

僕だって、「わー、ホリエモンだ」とか言われて写メとられることもあるが、せいっぜい、その人が友人と夕食を食べながら「今日ホリエモンと写メとったんだ」「へえ」と話して終わり。

 

その場でのニュースネタとして消費されるだけ。

 

アメリカ大統領にしろ、どんな有名人にしても、世間の関心など、せいぜいこの程度のものなのだ。

 

だから、「どうみられているか」など、気にしていても仕方ない。

 

むしろ「プライド」をなくす方が、みんなに愛される。

 

年をとってくると、プライドがものすごく高い人と、全然なくなる人と二極化してくるようにおもう。

プライドがものすごい高くなって、気難しいおじいさんやおばあさんを想像してほしい。

強張った表情のまま、一人でつまらなさそうにしていて、誰も話しかけてこない。

 

「あーあ、かわいそうだなあ」

と思ってしまう。

 

「プライドをなくせばもっと楽しくなるのに」

「そんなこと気にしなきゃいいのに」と。

 

「世間隊が悪いとみんなが付いてこない」

「こんな年収じゃかっこつかない」

などと思っている人もいるかもしれない。

 

大丈夫。

 

プライドはなくなった方が、みんなに愛される。

 

確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。

 

逆に「すごい自分でいなければいけない」とか「相手に嫌われたらどうしよう」と思って、プライドが高くなってしまうと、結論として、相手側が自分の側に来づらくなる。

 

 

 

 

あなたも、そうおもわないだろうか??

 

 

f:id:masaharu-nagan:20160214113008j:image 

 

プライド低いバカが一番強い

結局、プライドの低いバカが、得することも多い。

 

プライドがないから、誰にでも声かけられるし、何にでも挑戦できる。

 

普通の人は

「こんな有名人に声をかけたら、嫌がられるのではないか」

「失敗したら、[出来ない奴]だと思われてしまうのではないか」

躊躇してしまう。

 

要は、自分のプライドが傷つくのを恐れているからだ。

 

一方、プライドのない人は、恐れるものはないから、どんどん他人に声をかけ、どんどん挑戦している。

 

挑戦してみてわからなければ、迷うことなく誰かに尋ねる。

 

どちらが得をするのかは、明白だろう。

 

中途半端に小利口なひとは、

グダグダ、グダグダ考えているだけで、何にもできない。

 

結局、「考える」ことができるほど利口じゃないけど、プライドはない人が、得をしているのだ。

 

 

 

「言い訳」をしない。

 

「バランス」をとろうとしない。

 

「自意識」「プライド」を捨てる。

 

 

 

3つ挙げたが、まず始めるなら「言い訳をしない」がいいだろう。

 

言い訳をやめると、本当にすっきりする。

 

直ぐ動けるようになる。

 

これだけでいいから、今からやってみて欲しい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賛否両論はあると思うが、彼のような生き方にあこがれる人も多いと思う。

 

彼の中の「でも」の排除は彼の成功や失敗から得た大きな教訓だろう。

 

 

BYE!!