読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

何かことが起きたとき

悩んでも悩まなくても現実は変わらないのならどちらが良い?

あなたに起きている現実は、そのように起きている現実であって、良いも悪いもない、本当は中立なものなのです。

その現実を否定的に解釈して落ち込むこともできれば、時々湯を事実として受け止めて、できるところから最善の対処をしていくという生き方もあります。



現実の中に、最初っから落ち込みなどの気分が含まれているわけではありません。



それは当事者が選んでるのです。



落ち込んだり、嫌な気分を選んでいるときというのは、たきていはその現実の被害者をやっているときです。



「こうなったのは、周りのせいだ」

「私は悪くないのに」...。



になり、自分ができる範囲がどんどん狭まって行って、
無力感を持ってまた被害者になってしまうのです。


人のせいにせず、自分に何ができるのか、自分がどうしたら良いのかを徹底的に考えてみてください。




環境や人のせいにして被害者になるのはやめましょう。



現実への見方や態度を変えることで、自分の感情も変えられます。



人生には高級も低級もなく、
もしあるとしたら、それは達成した成果の質や量ではなく、
その時その時、どの様な自分で生きてきたかという、内面の質によって決まるものだと思います。


従って、極端に言えば、何が起きてもOKなのです。



そんな風に運命や自分を信頼すること。



自分というものに気付いていれば、
その瞬間どの様な自分でいたいかを選べるのです。



BYE!!