Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

学生必見!今後年収が上がる職種とは、、、。

知らなきゃ損する世の中のこと

世の中を知ろうとすると、様々な疑問が浮かび上がってきますね。

今の時代、様々な産業がIT化を遂げています。

ともなると、今後エンジニアがもっと必要となります。

ちなみにJAVAを使うプログラマーが最も年収が高いといわれています。



また、プログラマーといってもいろいろな種類があります。

今見ているようなインターネット上で動くプログラムを構築するWEBプログラマーやゲームを開発するゲームプログラマーなどがあります。

WEB系、ゲーム、組み込み系、制御系、通信系

パッケージソフト、オープン系、汎用系

などなど。

もちろんどの業者に携わるかでも変動はあります。



また会社ではブラック企業と呼ばれる所があり

いざ、いい会社に入っても年収が悪かったり、

昇給がなかったり。

いい会社に入った=成功

の時代は終わりました。

 


今後、逆に年収が下がるのは弁護士です。

高級ルーティンワーカー

(頭のいい人たちだけど、同じことをやっている人たち)

はAI(人工知能)に完全に追いつけなくなり、

後々は人間より優秀な存在となるでしょう。


より機会が進み、効率的かつ人件費を削りよりイノベーションを追求したシステムの導入が期待できます。もちろん技術職はこれから間違いなく伸びるでしょう。



それと同時平行に急速に進んで注目を集めている業界があります。

それは僕は医療業界にあると考えています。

少子高齢化の世の中に必要なのは、新たな産業革命の様な事業が生まれる事、若者が稼げる世の中でなければいけません。

その為に高齢の方々は是非少数でもいいから若者に投資をして欲しい。

なぜこういう事を言うかというと、若者一人当たりにかかる負担が年々と上昇しているからです。

厚生労働省文部科学省辺りのHPにでも載っているでしょう。数値として現れていて、僕らが20代が大人になった時は間違いなく年金は支給されないという問題は目に見えています。


つまり、

今後の職場待遇がいいのは医療や介護などの高齢者向けの企業などが伸びるでしょう。




小さい子を育てる環境と人が少ない現実

では、いざ高齢化が進み、日本人の4人に1人が60代以上の世の中で頑張ってお子さんを産まれたとして、そこの地域での託児所や保育園などの設備が都内はなかなか少ないのも問題です。

さらに、益々今後高所得者と低所得者の差は開いていくでしょう。

その中お金がないから子供を育てられないから不安で産めない方も増えてきます。

これでは本末転倒なのです。

正直2020年以降の日本の経済状況にかかってくるのもありますが、ここでオススメするのが副業や本業以外の収入源を必ず頭に入れておかないといけない事です。


間違いなく必要になってくるのが”稼ぐ力”です。


男性なら尚更つけておきたい力です。
親の脛をいつまでもかじっていられませんもの。

むしろ恩返しのため奮起する事をお勧めします。
その努力はあなた1人のものではなく、結果的にですが、あなたの奥さんやお子さんに影響する事なのです。


良い大学へ行って良い企業に就職できたからといってもう将来が安定している保証なんてどこにもありません。


大体の人が諦めているだけで、取り組んですらいないのが現実ですね。





高卒でも職種を選べば大卒に負けない力はつく

ここまで上げてきた業界の金額なんて調べたらいくらでも出てくるので、すこし脱線しますが、高卒の企業からの対応はひどいもの。

なかには高卒は取っていないという企業もあるくらいですからね。

悲しいですね。


僕は是非世の中の高卒の方々に頑張って欲しいと思います。もちろん大卒や専門卒の方でも誰しもこの時代可能性に満ち溢れています。




いつも閲覧ありがとうございます。


f:id:masaharu-nagan:20160121044625j:image

BYE!!