読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

世論(民意)に左右される司法

「本当の悪魔とは巨大に膨れ上がった時の民意」

証拠も証言も関係ない、
高級外車を乗り回しブランド服に身を包みフカヒレやフォアグラを食べていたから死刑にしましょう。


それが民意だ。


それが民主主義だ。


なんて素晴らしい国なんだ。




民意だから正しい、みんなが賛成してるから正しい。




ならば
「みんなで暴力を振るった事だって正しいんだ」




私のパートナー弁護士をよってたかって袋叩きににしたのも民意だから正しいんだ。






冗談じゃない







冗談じゃない!!






本当の悪魔とは巨大に膨れ上がった時の”民意”だよ。






自分を善人だと信じて疑わず、
薄汚い野良犬がドブに落ちると一斉に集まって袋叩きにしてしまう。






そんな、善良な市民達だ。








だが、世の中にはドブに落ちた野良犬を平気で助けようとするバカもいる。





己の信念だけを頼りに、危険を顧みないバカをね。





そのバカのおかげで民意の濁流から抜ける事ができ、
自分の意思で民意を変える事ができた。





私はそのバカを誇らしく思う。





民意などとと言って人1人を死刑にしたいならすればいい。




所詮この一連の裁判は嫌われ者を吊るそうという国民的イベントに過ぎないんです。


「己のつまらない人生の”憂さ晴らし”の為に」


そうでしょう。



民意なら何もかも正しいのですか?

裁判に民主主義を持ち込んだら司法は終わりだ。

そうに決まっているでしょ。



リーガルハイより
個人的に好きやシーンでした。

世の中今現代表現の自由などという戯言を盾に言いっ放しで
責任を取らず、いい時は持ち上げ落ちる時は一斉に叩く。

有名人を叩けば庶民が喜ぶと思っているんです。
有名人もまた1人の庶民であるはずなのに。

マスコミだけではありません。
今や誰もかれもが評論家気取り。
一般人だから何を言っても許されると思っている。

それが世の中です。



BYE!!