読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

目的と目標


こんばんは!

みやびです!
ある著名人のブログに素晴らしい記事が
あったのでシェアします(^-^)


今日は“目的”と“目標”の違いについてのお話をしたいと思います。

この二つ、意味の違い説明できますでしょうか?


かなり基本的な話ではありますが、

普段の生活の中ではあまりこの二つの言葉の違いをなかなか意識しないですよね。

一見同じような意味に見えますが、実はちょっと違います。


“目的”は、“目標”よりも長期的な目線での目当てです。

“目的”は、実現しようとしてめざす事柄です。

将来どうなっていたいか。

思い描く夢の自分の状態などを指します。


“目標”は、目ざす地点・数値・数量などに重点があり、

「目標は前方三〇〇〇メートルの丘の上」「今週の売り上げ目標」のようなより具体的なものです。

つまり、目的地に着くための通過駅として“目標”があるのです。

よくこの二つの単語の意味を混同している人がいますが、

それは実はかなり危険な状態なんです。


たとえば、

ふだん私たちはそれぞれに仕事を持って働いています。

それは、食べるためだったり家族を養うためだったり、

“生きていくため”ですよね?


それなのにいつの間にか、目的が“お金のため”に変わってしまう人がよくいます。


でも、お金だけあってもその先に幸せがなければ虚しいと思いませんか?

家族との時間も大事だと思いますし、

お金があったら遊びたいとも思いますよね。

そうなると、一緒に遊んでくれる人もいないと楽しくないですよね。

もちろん、一人で遊んでも楽しいという場面もあると思いますが。


あと、お金だけあっても時間がないとか。

それって、「なんのために稼いでるんだろう」ってなる原因ですね。

お金はただの人生で使うツールであって、

あくまでも目的ではないんですね。


逆に、目的が決まっていれば、

それを達成するまでの間は時間もお金も少なくてもいいと思います。


たとえば、極端な話でいうと、

「時間にもお金にも縛られない自由な生活がしたい」というような目的があって、

「毎日1時間ドブ掃除を2年間やったらその生活を保障しますよ」って言われたらやりたいと思いませんか?

その2年間を乗り越えたら夢の生活が手に入ると思ったら、

何十年かけて目的を果たすよりずっといいですよね。


大きな目的があって、

「よし、まず今週一週間ドブ掃除がんばるぞ」みたいなのが目標ですね。

目的が果たせるなら、やり方は別にこだわらなくてもいいんじゃないかってことです。

もちろん、だからといって悪いことをやって儲けろってことじゃないですよ。


たとえば将来はそば屋をやりたいけど、

ラーメン屋のが儲かるしそのノウハウを知ってる人が近くに居るなら

最初はラーメン屋から始めてもいいんじゃないかってことです。

特に飲食店なんて常につぶれる可能性のあるものだし、

一店舗経営なんてかなりのリスクですしね。


夢に向かって、いくつかの細かいゴールがあって、

そのゴールをクリアしていけば確実に夢に近づく。

その夢っていうのが“目的”でいくつかのゴールが“目標”ってことです。

だからこの“目的”と“目標”をごちゃ混ぜにしてしまうと、

軸がブレて本末転倒なことになりかねません。


それくらい、この二つを混同するのは危険なことなんですね。

つまり、長期的な目線での大枠作りと、短期的な目線でのポイント設定が重要というわけです。

ビジネスでも何でも、何かを始める際にはぜひこれを意識してみてくださいね。


bye!!