読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

マイナンバー制度(事業者の対応について)

事業者がすべき事

的確な事前準備が重要

もう皆さんご存知マイナンバー制度

角度を変えて、事業者に目を向けてみました。


マンナンバーは社会保障や税、災害対策に関する事務に
りょされるため、事業者は事務処理をする行政機関や
地方公共団体に、従業員などのマイナンバーを提供する
役割を担う事になります。


マイナンバーを”安全”に扱うには社内規程の見直しや
システム対応、従業員研修などの的確な事前準備が重要。


開始前に準備しておくこと

マイナンバー制度が導入されるにあたって、事業者が
体制を整えるために行うべき主な準備事項は以下の通りです


事前準備の必須項目

①取り扱い担当者の決定

制度の対象業務を担当する部署ら人物を定め、
事前の研修や勉強会を実施。

②社内体制の整備

マイナンバーの漏洩や不正使用を防ぐための、社内の
管理体制や情報システムを設備。

③従業員への周知

通知カードの保管、個人番号カード取扱の推奨、
扶養家族のマイナンバーの確認、取扱いの方法など、
従業員への周知を徹底。

マイナンバー取り扱いの確認

マイナンバーを安全に扱うため、所得から保管、利用、
廃棄などのルールを作成。

マイナンバーの所得

取引先など、マイナンバー所得の対象者(従業員を含む)
の特定、確認。


マイナンバーの取り扱い

所得したマイナンバーは必要がなくなったら廃棄または
削除する事が義務付けられています。

それまでは徹底した安全管理のもとで保管、
利用しなければならず、
番号を漏洩したり他人に渡したりした場合は、
罰金や懲役といった刑を受ける事もあります。

マイナンバーの所得は、社会保険や税に関する手続き書類
の作成事務が発生した時点が原則。

ただし、事務の発生が予測できた時点で提供を求める事も
可能なため、例えば給料所得の源泉徴収票の作成であれば
雇用の契約の締結時点で提供を受ける事もできます。

bye!!