読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

堀江貴文さん人生の詩

2015年11月1日 某番組より

ホリエモン 今を生きる人生

個人的内容まとめ

堀江貴文 42歳
1972年福岡県八女市生まれ。東京大学中退。実業家、ライブドア代表取締役CEO、SNS株式会社ファウンダー。2006年1月に証券取引法違反で逮捕され、懲役2年6ヵ月の実刑判決が下る。2011年6月収監。長野刑務所服役中もスタッフを介してTwitter(フォロワー約100万人)やメルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」にて情報を発信し話題の人であり続けた。

現在は、
会社をいくつも作り、若い奴らに社長を任せ
好き放題意見を言って金を出している。


出来事、
プロ野球参入👉ニッポン放送買収👉衆議院線出馬
証券取引法違反👉逮捕服役👉現在


激動の半生を語る。


第1章 「せからしか!」

父親、トラック販売会社員 大のジャイアンズファン
厳しい父親で手が出て、真っ暗闇の庭の木に縛り付けられる
などの行為に堀江貴文さんは
「大人も感情で動くんだなと」冷静にみている。

母親、より厳しい激しい性格、産んだ頃が21歳
20代の母親はあんなもんだと語る。
「せからしか!」と怒られていた。


○子供の頃から百科事典を読んでいた
バライティなどテレビに興味があまりなかった。

だが、100人に聞きましたなどクイズ番組は知識になるから
好きだと、まともに家で媒体に触れられる情報が
本しかなかったから、やむおえず読みまくっていた。

何かが湧き上がってくるような感覚に陥っていた。

小学校に入学してから
友達のとズレを感じていたという。


第2章 キレる小学生

小学校の頃テストはいつも100点だったと語る。

面白いと思うが友達と違うって事に気が付く!
周りの子供と何をするにも一工夫加える提案をしても
なかなか難しいと判断する。

学校や家庭で抱く違和感。

通知表に「協調性無し」と書かれる。
わがままで協調性がないから最後のグループに弾かれていた。

苛立ち、、、キレる問題児扱いされる。

机や椅子を投げたり、取っ組み合いもする。
とにかく暴れる!!

自分の気持ちがわかってもらえず苛立ちが
抑えられなかった、けれど、
そんな堀江貴文さんを小学校の頃から
理解してくれていた女性がいました。

”星野美千代先生”
この方が地元の隣町にある進学塾があるからと
紹介してくれた。

家帰り、親に説得を試みる。

勉強は手段にしか過ぎず、堀江貴文さんの様な当時の
同じ様な子達がいる様な環境に行きたい。

蛸壺から抜け出したい。

そう決意しました。

そして、そこの塾であるものに出会います。
それが、
PC.パソコンとの出会いでした。
パソコンにのめり込み、勉強そっちのけでやっていたら
近所のゴミ捨て場に捨てられたものを見つけ、隠し持つ。

中学受験の為の塾にパソコンが沢山あり、そのパソコン
目当てに入塾していました。

親には英語の塾行ってるが、本当はパソコンばかりしていた。

パソコンでお金を稼いだ!
ある日、塾の先生からうちのパソコンのソフトを作ってくれ
と頼む、業者に頼むと100万近く掛かるけど、中学生に
頼んだら10万円稼ぐ事が出来た。

そこから自分の未来を切り開く事に


第3章 東大に行く

九州を出たい、東京の東大に行かねば!
友達がつまらない、先生になる人が多いし、家を継ぐ人が
多いからつまらない。

パソコンの仲間がいるが、夢を追う集団が欲しかった。

東京は人口が多いし、何かあるだろうと決意し
東大に進学する事に。



第4章 予想外のキャンパスライフ

また、つまらなくなった。
東大駒場寮で生活を始める。

2人の先輩がいた、1人はドクターの2年目頭めちゃくちゃ
いい、ナノテクノロジーの物理化学の研究者だった。

その後ろ姿を見たとき、自分とは違うなと感じ
また違う先輩の影響で麻雀と競馬にハマる。

ギャンブラーになろうかと思った。

オッヅでダービーで1.2倍になっていたり、歪んでいたり
不自然に変動している。
自動売買の方が儲かる事に気がつくが
2、3年やったが次ものに気が付き、
インターネットの方に参入していく。



第5章 インターネットで会社社長へ

マッキントッシュがバイト先にあって、これがモテると
判断して、カッコいいからこそやりたいと、この人達に
くっ付いて行けばいける、インターネットが来たので
これに命を掛けようと。

世界中の情報に触れられる事が感動。

書店でインターネット関連の書籍を買い漁り、貪る様に
読んでいった。
あまりの興奮にページをめくる手の震えが止まらなかった。

自分でやらなきゃと思い会社を設立。
インターネット関連会社「オン・ザ・エッヂ」を立ち上げる。
堀江貴文さんは社長兼プログラマーとして、1年目から
年商1千万円売り上げる事に成功し、寝る間も惜しんで
働いていたそう。

会社は30人位が丁度いいが、この頃はもう社員100人
位の規模で上場の話まで来ていた。

人間の時間は有限だから、やりたい事をやれないまま
死ねないからスピード感を持つ。

人間を切る事で会社のスピードが出していく。

上場した資金で会社を大きくし、
社名も「livedoor」となる。

2004年プロ野球に参入したり、近鉄バッファローズ
の買収などで世間の脚光を浴びました。

第6章 新規参入

近鉄、買収できず。
仙台に新球団設立で動き出す。

楽天の三木谷さんが名乗りを上げ一騎打ちに、、、

このおかげである程度自分の話を聞いてくれる人が増えた。
アンチも増えたけど、知名度が上がった。

新規参入して、10年で楽天は日本一になった。
大成功だったと思う。

ある意味ファーストペンギンであって半分以上は失敗して
当たり前だ。

ニッポン放送や業界は変わらない。
岩盤岩だ!!
孫正義さんや、ルパート・マードク氏でさえ白旗あげた。
メディア王と通信王でもダメだった。

放送法は迅速に改正された。外資規制!
外資企業は20%の株を保有できない。
また、
三分の一以上の特定の企業及び個人が持てなくなった。

次は政治家になる。無所属で出馬する。

小泉さんの郵政民営化を後押しするためにホリエモン
立ち上がる。
地盤、鞄、看板の地盤以外の2つは揃っていた。
やるんだったら敵の大将をやっつけろと思って広島に行った。

その後、
2006年に証券取引法違反により逮捕されました。


第7章 逮捕

何がいけない??
👉出る杭を打った。検察側は保守である。

世の中って、悩んで人生に疲れてる人たくさんいる。
だいたい過去の事を愚痴愚痴言っている。
相手に対して仕返しをしてやりたいは跳ね返ってくる。
自分の為にならないから、マイナスになる、すぐ忘れる。

人生には
「いま」しか存在しない


”未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ”


もう1つ大事なのは、未来に怯えない事。
人間って未来にいい事起きないなんて思っている。
老後の不安なんて考えていたら
暗い気持ちになるから考えない。

だったら今やると面白いから宇宙ビジネス!!

既存技術の応用によるロケットの実用化を目指す。

突っ走るだけ突っ走ればいい。

bye!!