読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

職場の心理学

Googleが全社実践、能力を最大化する瞑想法


「心のエクササイズ」
として実践されているのです。



MBSR(マインドフルネス・ストレス低減法)
の略です。

「優しさ、好奇心、そして受容の心を具現化した状態」
のこと。

自分の感情に注意を向け、その瞬間に感じていることを
受け入れることを意味します。



ビジネスでは、
そのとき集中すゆべきこと一点に集中して、
ほかに対して無心になることで、最大限成果を発揮出来る
と言われています。

真剣に取り組めば、我々の健康や人間関係を変え、
自分が世の中に与える影響までも
変える可能性を秘めています。



このマインドフルネスが主流になった理由は
三つあると思います。

一つは、
マインドフルネスと 瞑想がストレスを軽減し、
人々の免疫力を高めてより健康にし、
集中力を強化し、さらに注意力を特にコントロール
できるということが脳科学の分野で
科学的に証明されたことです。

二つ目は、
我々の日常生活のスピードがはやくなり、スマホなど
IT機器への依存からメンタルバランスをうしないがちに
なることへの危機感です。

三つ目は、
以前ならエキセントリックと思われタブー視されていた
瞑想が広く受け入れられていることです。
ヨガの延長上にある事で受け入れられるようになった
ことです。


初めて聞いたとき、疑い目で見たことは確かです。

「利益を最優先させる企業に何がわかるのか」
とおもいました。

企業が実際しているマインドフルネスが単なる一時的な
ブームではなく、
本格的で真剣なものであるの納得しました。

マインドフルネスを実践せるのに場所は関係無いのです。


さらに、
ゴールドマン・サックスのような世界最大級の
投資銀行がマインドフルネスを実践している事実も広まり、
マインドフルネス革命に拍車をかけることになりました。

ストレスの軽減、集中力の強化、免疫力の強化、
心の優しさが増すことなどで、それ自体は間違ってません。

また、
スティーブジョブズもプレゼン前は瞑想をしていたそう。

やはり、なかでも熱心に実践しているのがGoogleでした。

bye!!