読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

家計の消費

9話

2014年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられた時、
缶ビールや車、家電、住宅や車などの駆け込み購入が生じ
3月の消費は大きく増加し、その反動で4月になって消費は
大きく減少しました。

このように、家計はいろいろなモノ(=財やサービス)を
消費して、経済的な満足度を高める消費行動を行います。

ある時点の消費量が増加すれば、
その時点での効用水準(消費から得られる満足度)も増加
します。

しかし、
消費が増えるにつれ、
紅葉が増える程度はだんだんと小さくなります。

その財の消費量の増加分とその財の消費から得られる効用の増加分との比率を限界効用といいます。

限界メリットと似た概念ですが、
限界メリットは効用をお金で評価するものであり、
限界効用は効用を主観的に評価したものです。

限界効用=効用の増加分/消費の増加分


この式は、モノ1単位だけ消費が増加した時、
そのモノからどの程度効用が追加的に
増加するかを示しています。

例えばブランドバックを1個買って(消費の増加分)、
その日の気分がウキウキだった(効用の増加分)。

その満足感の増加分が、限界効用です。




限界効用逓減の法則

限界効用には、次のような特徴があります。

①限界効用はプラスである

②限界効用は逓減する(=だんだんと減る)

財を消費すると、必ず満足が得られます。

最初に少しだけ消費した時には、その財が新鮮に感じられる
から、満足度の増加も大きいでしょう。

つまり、限界効用が大きい状態です。

しかし、同じ座をたくさん消費した後では、その財の追加
的な消費はあまり新鮮に感じられなくなります。

その財の消費にかなり飽きがきた状態では、追加的な消費
から得られる効用の増加分も、最初ほど大きくありません。

つまり、
限界効用はプラスであり、その財の消費とともに次第に
減少していくと言えるのです。

これを経済学では、

限界効用逓減の法則

といいます。

「逓減」というのは普段まず使わない言葉ですが、
要は、

「だんだん減る」

ということです。




ビール一杯目の満足度は、だんだん減っていく


この法則は皆さんもきっと日常生活でよく感じるのでは
ないでしょうか。

なお、限界効用が低下しても、その財を消費することから
得られる満足度は全体量は増加しています。

つまり、
消費量の増加とともに紅葉水準自体は増大します。

限界効用は、効用が増えるスピードについての概念で、
限界効用が小さくなると効用が拡大するテンポは
小さくなりますが、必ずしも効用全体の量が低下
することを意味しません。




リンゴとミカンで考える家計の効用最大化

それでは家計の効用最大化行動を、ある予算制約の範囲内
でリンゴとミカンという2つの財をどう購入するかという
配分問題で考えてみましょう。

消費の主体的な均衡点は、洗濯対象となっているものを
追加的なデメリットが一致する点に求められます。

リンゴの消費量が増加すれば、効用水準も増加します。
そして、
効用の増加のスピード(=限界効用)はプラスになりますが、
消費量が大きいほどそのスピードは小さくなります。

リンゴの消費から得られる効用曲線は右上りですが、
その傾き(=限界効用)はだんだんと小さくなります。

つまり、
限界効用は逓減します(限界効用逓減の法則)。

リンゴの消費を1単位拡大することの追加的なメリットは、
リンゴの消費から得られる限界効用です。

限界効用は逓減しますから、追加的なメリットもリンゴの
消費とともに減少します。

限界メリット曲線AAは右肩下がりの曲線となります。

一方で、リンゴの消費の限界的なデメリットは、
リンゴの消費を拡大することで他の財・サービスの購入に
回す資金量が減少することです。

リンゴの価格が1個100円とすれび、もう一個追加的に
リンゴを購入すれば、他の財・サービスに回せる
資金が100円少なくなります。

ですから、限界デメリットはリンゴの価格と
同じになります。

限界デメリット曲線BBはリンゴの市場価格で与えられ、
水平となります。

主体的な均衡点(最適な消費を決める点)は、
限界メリット曲線AAと限界デメリット曲線BBとの交点E
です。

E点よりも左側では、リンゴを追加的に購入を拡大する
メリットの方がデメリットよりも大きいから、
リンゴの購入の追加的拡大のデメリットの方がメリット
よりも大きいため、
リンゴの購入を減らすほうが望ましいことになります。


bye!!