Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

幸せが先か、感謝が先か とある僧侶が語った、幸福になるために必要なたったひとつの習慣

「人は幸せだから感謝するのではなく、
感謝が人を幸せにする」
と語るベネディクト会僧侶の
David Steindl-Rast
(デヴィット・スタインドル・ラスト)氏。

誰もが幸せになりたいと願う世の中で、
幸せになるためには感謝の機会を逃さないことが
重要だと指摘します。

日常風景や試練も幸せの要素に変える、
簡単な方法を紹介しました。


人は幸せだから感謝するのではなく、感謝が人を幸せにする

デヴィット・スタインドル・ラスト氏:
あなた方が私について知っていることがあります。

とても個人的なことです。

私も皆さんについて知っていることがあります。

それは皆さんの関心の中心にあるものです。

私達皆が、
世界中の全ての人について知っていることがあります。

行動や我慢の根源でもあることです。

それは「私達は皆、幸せになりたい」ということです。

これに関しては皆、同じです。

どんな幸せを思い描くかは人それぞれですが
「幸せになりたい」ということついては皆、共通です。

私のトピックは「感謝の気持ち」です。

感謝の気持ちと幸せの関係とはなんでしょうか? 

多くの人はこう言います。

「そんなの簡単。幸せなときは感謝するよ」

しかし、考えてみてください。
「幸せな人は感謝している」というのは本当でしょうか?

人を幸せにする全てを手に入れてもなお、
幸せではない人々を私達は多く知っています。

なぜならそういった人達は、
別の物やより多くの同じ物を求めているからです。

不運に見舞われた人達のことも、私達は多く知っています。

自分には起こって欲しくない不運があってなお
深く幸せを感じている人々です。

彼らは幸せをまき散らしています。

そして人は驚きます。

なぜでしょうか?

それは、彼らは感謝しているからです。

つまり、幸せが人を感謝させるのではなく、
感謝が人を幸せにするのです。

もし幸せが自分を感謝させると考えている人は、
考え直して下さい。

人を幸せにするのは「感謝の気持ち」です。


「感謝の気持ち」は2つの要素から成り立っている

「感謝の気持ち」とは実際にどういう意味なのか? 

どういう働きがあるのか? 

そういった声もあると思います。

自分自身の経験に聞いてみて下さい。

誰もが経験しているはずです。

私達は自分にとって価値のある経験をしています。

それは与えられるものです。

それは本当に与えられます。

2つのことは同時に起こるのです。

価値があると同時に与えられるのです。

買ったわけでも、獲得したわけでも、交換したわけでも、
働いて得たわけでもありません。

純粋に与えられたのです。


自分に価値のあるものが与えられ、
自分自身もそれが無償で与えられたのだと気づく。

この2つが同時に起こり、
感謝の気持ちが沸き上がって、幸せが心に満ちあふれる。

こうやって感謝の気持ちが発生します。

これは一時的なものでもなければ、
感謝の経験だけを得るということではありません。

感謝しながら生きるというのが重要なのです。


感謝の機会を見逃さないこと

感謝しながら生きるとは、どうすればいいのか? 
私達の言い方ですと、
全ての瞬間は与えられた瞬間だということに気づき、
経験することです。

それはギフトなのです。

獲得や購入といったことではないのです。

再び同じ経験ができるという保証はないですが、
それが私達に与えられた最も価値のあるものなのです。

全ての機会がつまったこの瞬間こそがそうなのです。

そうした「今」がなければ、機会も経験もできないのです。

与えられた瞬間というのはギフトなのです。

そのギフトそのものの中にあるのもギフトです。

それは機会です。

感謝の対象はその機会に対してです。

機会は与えられるものではありません。

もしそれを見逃していたとしたら、
感謝自体できていなかったということです。

機会はあらゆるギフトに存在します。

そしてその機会は1つのギフトに1度しか訪れません。

全ての瞬間はギフトです。

しかし見逃しても次はやってきます。

その機会をうまく使うことも見逃すこともできます。

うまく使うことは幸せに繋がります。

手の中にある幸せのマスターキーをしっかり握りしめて、
私達はギフトに感謝することができるのです。


時に与えられる試練も、立ち上がるための機会として感謝する

でも全てに感謝ができるのか? 
確かにそれは不可能です。

暴力、戦争、抑圧や搾取こういったものには
感謝はできません。

個人レベルでは、友人を失ったり、
不信や死別といったことには感謝はできません。

確かに全てに感謝はできませんが、
新たな機会のために与えられた瞬間には感謝できます。

大きな困難に直面した時でも、
その状況に対して立ち上がり、
与えられた機会に反応することは出来ます。

思っているほど悪くはありません。

それを経験してみると、
ほとんどの場合は楽しむための機会だからです。

人生にあくせくし、
その機会を立ち止まってみないから見逃してしまうのです。

時に与えられる試練は、
立ち上がるための機会なのです。

そうして忍耐や痛みなどを学ぶのです。

平和への道のりは、
短距離走ではなく長距離走だというふうに言われています。

それには忍耐が必要です。

難しいことです。

信念や意見のために立ち上がる必要もあるでしょう。

それが私達に与えられた機会なのです。

学び、苦しみ、立ち上がる。

全て与えられた機会なのです。

そんな機会を利用できる人達を私達は尊敬します。

彼らは人生で大切なものを手にできます。

たとえ機会をのがしても、別の機会は常にあります。

それが人生のすばらしさです。


全ての瞬間に感謝するには、立ち止まり見つめ、行動すること

そんな機会をうまく使う方法はあるのでしょうか? 
全ての瞬間に感謝しながら生きる方法はどうすれば
見つけられるのでしょうか? 
それはとてもシンプルです。

子どもの頃に横断歩道の渡り方を学んだように、
「止まって、見て、行く」ただそれだけです。

どのくらい止まればいいのか? 
私達は止まることなく、生き急ぎます。

しかし止まらないから見逃してしまう。

私達は止まらなければならない。

やめなければならない。

人生の「止まれ」
のサインをしっかり立てる必要があります。

私が数年前、アフリカから帰ってきた際、
まず水に気づきました。

アフリカには飲める水がなかったので、
蛇口をひねるごとに私は感動しました。

電気をつける度にも感謝しました。

私はとても幸せでした。

しかし、しばらくしてそれは治まりました。

なので電気のスイッチと蛇口に
小さなステッカーを付け、
使うごとに気づくようにしました。

そういうふうに、やり方は色々ありますが、
人生には「止まれ」のサインが必要なのです。

立ち止まったなら、次は見ることです。

与えられたすばらしさに、目、耳、鼻、
全ての感覚をオープンにするのです。

それに終わりは無く、まさに人生そのものです。

与えられたものを謳歌するのです。

そして全ての機会に心を開きます。

心を開けば、他人の助けにもなります。

皆が幸せであること以上に幸せなことなどないのです。

心を開いた後は、何かをする機会へと導かれます。

止まる、見るの次、行って実際に何かを起こすのです。

何をするかはその瞬間の自身の人生に委ねられます。

ほとんどの場合はいいことですが、時には困難もあります。

しかしそれが何であれ、機会があればやるのみです。

私達はクリエイティブです。

そしてそんな、「止まる、見る、行く」
が私達の世界を進化させる有効なきっかけなのです。


感謝が起こす、世界の変化の大きさ


私達は常に意識の変化の最中なのです。

この世がいかに感謝で溢れているかに、
いつも驚かされます。

飛行機、レストラン、カフェ、ワイン、
「Thank you」というブランド名の
トイレットペーパーさえあります。

感謝の波が押し寄せているのです。

感謝がいかに重要で世界を変え得るかに、
人々は気づいていてきています。

感謝が起こす世界の変化は、相当なものです。

感謝すれば、恐怖は消えます。

恐怖が消えれば、暴力は消えます。

感謝すれば、必死さからではなく余裕から行動が生まれ、
シェアの精神も生まれます。

感謝すれば、違いを楽しみ、
皆を尊敬できるようになります。

そういった変化は、現在の社会のピラミッドを変えます。

そしてそれは「平等」ではなく
「平等なリスペクト」を促進します。

非常に重要なことです。



感謝こそが幸せに繋がると、みんな気づきはじめている

未来の世界は、
ピラミッド的構造ではなくネットワーク化していきます。

かつての革命は、
ピラミッドの頂点と底辺が逆転しただけで、
新たに天となったものはかつてと
同じ行動をくりかえします。

私が語る革命は、非暴力革命です。

革命のコンセプトすら革命するのです。

私達に必要なのは、小さなグループです。

お互いを知り合う、小さな小さなものです。

それが感謝の世界です。

感謝の世界は愉快な人々が生きる世界です。

感謝する人は愉快であり、
そんな人々は愉快な世界を作ります。

私達は、感謝する生き方のネットワークを持っています。

私達もなぜだかわかりませんでしたが、
それは急成長しました。

人が何かに感謝するごとに、
ろうそくに火を灯す機会に恵まて、
10年間で1500万個のろうそくに火が灯りました。

感謝の世界とは幸せな世界だということに、
人々は気づいてきています。

世界を幸せな場所へと変えるためには、
「止まって、見て、行く」たったそれだけです。

それが私が皆に望むことです。

少しでもそうしようと思ってもらえたなら、
止まって、見て、行ってみてください。


ありがとうございました。