読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyabi Lifestyle Blog

M.P.C ~it's not fan to be life. ~

シャープが「ロボホン」に込めた再生への覚悟

「ロボット型携帯電話が担う、脱"液晶戦略"」

[シャープは2016年前半にも、
モバイル型ロボット電話「ロボホン」の販売に踏み切る]


シャープは10月6日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」
(ロボホン)を2016年前半に発売すると発表した。

スマートフォンと人型ロボットの融合」
というコンセプトのもと、音声通話やメールはもちろん、
頭部に小型プロジェクターとカメラを搭載しており、
撮影した写真や映像、地図などを壁や机に
投影することもできる。

契約可能な通信キャリアや価格、
販売数目標は現時点では未定だ。


「ロボホンで携帯電話のあり方を変える」

シャープの長谷川祥典・代表取締役専務執行役員

「携帯電話がタッチ操作機能で進化を遂げたように、
ロボホンの愛らしい姿や動き、
音声対応インターフェースによって、
電話のあり方が変わる」

と自信を見せた。

ロボホンは、
シャープとロボットクリエイター・高橋智隆氏が
共同で開発した。

シャープは高橋氏が開発を手掛けたパーツ組み立て
週刊誌「ロビ」(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)
の大ヒットを見て、
2年半ほど前に声をかけたことから、
プロジェクトがスタートしたそう。

シャープは今後、
ロボホンの特徴である手足の動作やプロジェクター、
音声認識機能を生かしたさまざまなコンテンツや
サービスを提供し、他社スマホと一線を画す狙いだ。

すでにリクルートやカドカワ、
るるぶDATAなどがパートナー企業として
名乗りを上げている。

海外でも、
アメリカの通信大手・T-Mobile
のジョン・レジャーCEOが自身のツイッター
「なんでこのロボットスマホは日本にしかないの!?
欲しいと思っているのは僕だけじゃないはず」
とロボホンに興味を示している。

人型ロボットの開発では、
ソフトバンクが2015年6月に発売した
「ペッパー」が先行している。

本体価格は20万円程度だが、
通信サービスや保証パックに加入すれば
支払い総額は100万円を超える。

にもかかわらず、
毎月1000台の一般販売枠は1分で完売する
など人気を博している。



ペッパーの発売により
一般の人がロボットを購入する認識が一気に広がりました。
これの意味をまた理解してもいたいです。


bey!!